スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンボール戦機 LBXインビット レビュー


ダンボール戦機にて、エンジェルスターのダクト内に配備されていたかんしよう自立制御LBX「インビット」がキット化。
ハンターの様な逆関節が目を引きます。

後ろから。背骨の様なデザインがゲテモノ感が出ていていいですね。

顔。上にある点と下のゴーグルの様なライン、どちらを目とするかによってイメージが大きく変わる面白いデザインだと思います。
実際の目は背中についているアレなんですけどね。

そんなメインカメラはクリアパーツの裏にホイルシールでキラキラと見栄えが良くなっています。

武器腕「インビットアーム」のクローはそれぞれが独立して可動します。
銃口にはクリアパーツが使われてきれい。

今回は胸をひねることができるようになっていました。腰を入れたポーズがとりやすくてマル。

胸の装甲をパカっと外すと中にはコアボックスが。これはずっと再現していくのでしょうか。AX-00は再現されていませんでしたが。

アキレスと。前屈姿勢なので少しコンパクト。


ナックルとしても使える武器腕。
ゲームではナックルの使い心地がなかなかいいので、武器腕はなかなか活躍してくれます。

キィン・・・・・・と睨みをきかせて。
こうして見ると笑っている人のようにも見えますね。

AX-00逃げてー

アキレスに飛びかかったり。

最後に箱絵風ポーズでシメ。

ダンボール戦機プラモにおいての神谷重工製の機体のキットはよくできているので、今回のインビットにも大きな不満はありません。あえて言うのなら腕関節が貧弱で曲げるとポリが折れそうでヒヤヒマものです。
カラーリングはダン機に登場する機体としては珍しいグレーで、シックな雰囲気がいいですね。
来月のデクーカスタム監視型も楽しみです。
スポンサーサイト

LBX ジ・エンペラー レビュー

ダンボール戦機より、海道ジン専用機であるジ・エンペラーがキット化です。

まず素立ち。
全体的にアキレスとの共通点が目立ちますが、アキレスより曲線主体のデザイン。

後ろから。
腰アーマーの赤いポチポチした部分も色分けされています。

上半身の可動。
肩アーマーが干渉しそうな形状ですが、案外動いてくれます。

下半身。
脚をやたら広げられます。

キックのポーズもできます。

バストアップ。カメラアイにはクリアパーツが使われていていいアクセントに。胸のクリアパーツがアキレスとの関係性を物語っていますね。

下半身もパーツ分けが細かいです。

胴体のパーツをカポっと外すとコアパーツが。中にコアメモリが入るのですが今はいれていません。

メイン武装 「ティターニア」
大型のメイス。打撃系の武器のはずなのにLBXの頭部を切断する威力が。あれははじき飛ばす感じかな?


持たせる。


構えて。

ドカッ

説明書にプリントされているマントを切り離して装着させる事もできます。正直マント無いほうがポーズつけられるからはずしちゃってます。

必殺ファンクション「インパクトカイザー」地割れ系の技っぽいですね。ふきんしん!

飛びかかる。

LBXを三体まとめて破壊した時のポーズでおしまい。

LBXはこれで7つ目ですが、第一弾のアキレスと比べてもかなり出来がいい印象です。股関節の安定感もいい感じ、ポーズもキマる。
あえて不満点をあげるとすればティターニアが重くて保持がきつめな事ぐらい。
LBXは相変わらず人気っぽいので売り切れる前に一個買っておく事をおすすめします!

LBXハンター レビュー


ダンボール戦機に登場する、青島カズヤの所有するLBX、ハンターのレビューです。

まずは武器を持たせず素立ち。膝は犬っぽい逆関節になっています。かっこいいですけど、ちょいと動かしにくい印象。

後ろから。背中のトゲに盛大な肉抜きが。尻尾もプラパーツ。それでもかなりかっこいい外見です。

脚は干渉するものがないのでよく動きます。

付属品は武器である「ハンターライフル」のみ。結構大きいので持て余し気味。

狙撃。ライフルを支えられる平手がついていますが、なかなか上手く構えられません。しかしかっこいい

キャンペーン品のオートマチックガンで。銃関連はかなり似合いそうです。

飛びかかるイメージで。獣っぽい外見なので、格闘しているのも似合いそうな。

ちなみにコアメモリもしっかりついています。

最後にきたない部屋で。

安定のLBXクオリティといった感じでした。肩のアーマーが干渉して少し動かしにくいですが、色分け、プロポーション共に良好。おすすめですぞ!

ダンボール戦機 デクー レビュー


ダンボール戦機に登場の汎用量産型LBX デクーのレビューです。

もうすぐ放送が始まるダンボール戦機に登場するホビー用ロボットLBXが放送に先駆け、プラモデル化です。「強化ダンボール」のフィールドで戦うロボットなのでダンボール戦機らしいです。

武器を持たせた状態。シールドのグリップが丸いのでくるくる回ってしまい、ポージングさせづらい印象です。

丸腰で正面から。こうしてみると胸やモノアイなど、クリアパーツが所々に使われていて綺麗です。

後ろから。ややピンぼけ気味ですが、こちら側にもクリアパーツが。パーツの裏に貼られたホイルシールがキラキラしていいアクセントに。

なんだかよくわかりませんが大体この位動きます。肘と膝の関節は引き出す事で可動範囲を広げるギミックが。関節はLBXで共通っぽいので、他の機体にも同じようなギミックがあると思われます。

胸のカバーを外し、更にその中にあるハッチの様な部品を取り外すと、中には「コアメモリ」が。劇中でどの様な扱いになるのかはわかりませんが、ユーザーや戦闘データなどの情報を記録するのでしょうかね

ビシッと銃を構える。
カッコかわいい。

防御しながら。量産機ですし、こういった戦法もつかってきそうです。

勇ましく。

サイズがサイズですし、机の上でもあまり違和感がないですね。ダンボールの中だけでなく、そういう場所でバトルしたりもするのでしょうか?

サイコロみたいなのが付属していました。パッケージ裏のゲームで遊ぶためのものらしいですが、1人じゃ遊べないですよね(◞‸◟)

テディベアっぽくお座りでおしまい。

かなりお安い値段だったのでアキレスと一緒に購入しました。
色分けもかなり細かく、かつすごく組み立てやすかったので、アニメを見て作るキッズ達にも楽しめるキットだと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。